MPB 笛吹川2
a0207672_16490516.jpg
2017年の9月頭にMountain Poor Boysで笛吹川に沢登りに行ってきました。
2015年にも行ってるので2回目ですが今回はお仕事ということで…。



というか、かなり久しぶりのブログ更新です。ご無沙汰しております。
何もブログ辞めたというわけではなくて子どもが産まれたりなんだりで
山に行けない日々が続いていたのです。
ゆくゆくは子どもと登るハイキング記事でも書こうかなーと思っております。

お子さんがいらっしゃる方は言うまでもなくわかると思いますが、
新生児がいると当たり前ですがなかなか山に行けません。
行きたいのに行けない!というよりも、そんな発想になる暇がなく。
日々が嵐のように過ぎていきました。

子が六ヶ月を過ぎ少しづつ子育てに慣れてきたかなー?という頃。
「MPBで山に行く仕事しませんか?」という話が舞い込んできたのです。
MPBで山に行くのもかなり久しぶりなので二つ返事でOKしました。
詳細は来年のワンダーフォーゲル6月号に掲載されるので、
ここでは簡単な写真でお送りしますー。


a0207672_17072198.jpg
久しぶりに集結したMPBの面々。今回同行するのはライター/カメラマンの三田さん。
ワンダーフォーゲルに載るときは毎度三田さんにお世話になってる気が。

実は2017年の9月は急に寒くなったのでした。
8月中は普通に夏!って感じの暑さが続いてましたが、9月に入ると一気に冷え込み
この予定されていた取材の日の前日あたりまでとても寒かったのです。
ですが、そこはさすがのMPB?取材の日はバッチリと晴れました。
(とか言いつつ、実は1回天候不良で取材日を伸ばしております)


a0207672_16490686.jpg
とはいえ、真夏の暑さには及ばない9月の暑さの中ではできる限り水に入りたくない。
「巻けるところは巻く」精神で歩を進めます。


a0207672_16490624.jpg
いつみてもここの迫力はすごい。

そうだ。思い出した。このあたりで自分が履いていたアクアステルスのシューズ、
ASTRALのBREWERのソールが剥がれてきたんですわ。
なんでもASTRALのシューズはそんなに激しい使われ方を想定していないらしく、
剥がれやすいとのこと。最終的には半分くらいまで剥がれてしまって辛い思いをしました。


a0207672_16490771.jpg
わかりづらいですが、このあたりで先行していたカップルがいて
彼のほうは登れたのですが彼女のほうが壁を登れず苦戦しておりました。
途中まで登ってはズルズル…と滑り落ちてしまう感じ。

それにを見かねたジャキさんが「ここをこうして…」なんて
手取り足取り教えているところです。
後方で待つ我々は「カップルなんだから二人にさせてあげたほうが…」
という目線を交わしつつ、見守っていました(笑)。


a0207672_16490701.jpg
と、前回と同じ幕営地に到着しまして早速焚き火タイム。
前日が雨だったせいもありなかなか乾いた薪が見つかりませんが、
ジャキさんに力を中心としてなんとか火を起こしました。


a0207672_16490730.jpg
三田さん以外それほどお酒を飲まないながらも宴会スタート。
メインの焚き火で煮込んだビーフシチュー、時間がめっちゃかかるけど
(「もう食べましょう」と言ってもジャキさんと鵜飼さんが許してくれない)
本当に美味しかったなぁ…今まで食べたシチューの中でもトップクラス。


a0207672_16492814.jpg
翌日。起きてから火を起こしダラダラとしていたら出発が10時近くに(笑)。
信じられない遅さだけどもう甲武信ヶ岳はすぐなので。


a0207672_16492817.jpg
なんていっても、川沿いにのんびり歩けばいい裾野と違って
上のほうは何本も細かい支流があって気を抜けません。
何度も地図と照らし合わせながら慎重に登っていきます。


a0207672_16492831.jpg
無事に到着!久しぶりの登山というのもあって僕はもうクタクタ…。
こりゃ甲武信小屋で何か食べないとキツいぞ〜!
なんて意気揚々と小屋に向かうと食べ物が何もない…。
持ってきた食料の底のほうにあったチキンラーメンを食べ
なんとか餓えをしのいだのでした。

その後はせっかくなのでってことで甲武信ヶ岳に登頂し、そのまま下山しました。

久しぶりの幕営装備でのハイキング?楽しかったなぁ…。
ライター三田さんによっていい感じの文章&写真で綴られる記事は
来年のワンダーフォーゲル6月号にて!お楽しみに〜。
by yama-oson | 2017-10-13 20:43 | 山行 (その他) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://easyhiking.exblog.jp/tb/237867628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ベビーキャリア探し ダイヤモンドヘッド(2016.... >>