高尾山(2017.10.26)
a0207672_11434198.jpg
2017年10月26日、初めてベビーキャリアを背負って高尾山に登ってきました。



どういう経緯でモンベルのベビーキャリアを選んだかは前回の記事を読んでもらうとして、ベビーキャリアが届いたらとにかくどこかに行きたいなーと(親が)。最初は「北八ヶ岳あたりをのんびり歩くのもゆるくていいかも?」なんて考えていましたが、10月も後半だと大人ならいざしらず赤ちゃんには寒いかも?と用心して高尾山にしました。赤ちゃんが山でどんな感じになるのかまったくわからない以上、用心するに越したことはないでしょう。結果、この判断は当たっていたのですが…。初心者の山といえば高尾山!いざ。


a0207672_11434180.jpg
鎌倉から高尾山、かなり行きやすい!湘南バイパスを通ってあとは圏央道で高尾山まで。圏央道と中央道が交差するジャンクションでいつも激しい渋滞が起こるのですが、高尾山の出口はそれより手前なので影響を受けづらく。1時間ちょっとで到着。

駐車場に止めて早速息子をベビーキャリアに装着。キョトンとした顔ですが、一応嫌ではない様子。しかし、嬉しい様子でもなく(笑)。どのルートで行こう?と登る前に相談。まぁ、自然も多そうなので6号路をチョイス。

息子がだいたい8.5kg、ザックがだいたい2kgなので合計10kgオーバー。こちとらオーバーナイトハイクでも10kgを超えるなんてのは冬山行く時ぐらいなので、なかなかの重さ。少し不安もありますがまぁ、短いし大丈夫でしょう。


a0207672_11434219.jpg
日が当たる場所は温かいのだけど、6号路は日陰が多く川が側を流れているから?けっこう寒かったですね。歩くほうはちょっと寒くても歩いていればかなり温まりますが、赤ちゃんはまったく動きません。なのでウェアリングはかなり手厚めがいいと思いました。ちょっと休憩したときにこちらは汗だくでも息子の体を触ってみると、靴下シューズ?(靴下にゴムの底がついている)は薄手だったのでけっこう冷たくなってましたね。

上半身も「スウエットの上にフリースを着てればまず大丈夫では?」と考えていましたが、動かない体というのはかなり冷えそうな印象を受けました。なのでさらに上にダウンジャケット(出産祝いでいただいた)を着て防寒を強化。

けっこう早い段階で息子がグズりだします。普段、それほど泣くタイプではないので「ベビーキャリア…ダメだったかなぁ」とがっくりだったのですが、どうやら眠い様子。途中で荷物が重いことに気づいた時にはすっかり寝ておりました。


a0207672_11434208.jpg
重心が移動するザックというのはちょっと慣れが必要ですね(笑)。ただのザックなら仮にこういう場所で滑って転ぼうとも自分が痛いだけですが、赤ちゃん背負っていると絶対に転べない…。地面を注意しすぎて木の枝で頭をぶつのも、自分がなるのとは意味が違います。この感覚は初めてですね。息子はすっかり寝ていて左に重心が傾いています。


a0207672_11434224.jpg
前日が雨だったせいで頂上に近づくにつれて登山道が小川になっている場面も。この頃になるとだいぶ重さに慣れてサクサク歩けました。


a0207672_11434258.jpg
ご覧の通り(笑)。赤ちゃん用のネックピロー買わないとなー。さすがにこれでは首が疲れそう。本来はモンベルのベビーキャリアにはネックピローが付いているのですが、僕はヤフオク!で購入したので付いてなかったのです。

頂上付近まで来たところでトイレ休憩。僕は息子を背負ったまま用を済ませトイレの前で妻を待ちます。

トイレの前は沢山の人が行き交うわけですが、若い女性二人がこちらをみて「カワイイ!」と歓声を上げています。どうやら赤ちゃんが背負われているのがカワイイ様子。父としても悪い気はしないので「へへへ、どうも」なんて照れ笑いをしていました。二人組は何度か「えーかわいい」と連発しながら歩いていきました。その背中に向かって息子が「ダァーダッ!」と嬉しそうな大声を上げたのでした。「声がデカイよ」なんて笑っているところにちょうど妻が戻ってきて、不思議そうな顔をしながら「何笑ってるの?」と。「さっき、若い女性二人組がカワイイ!って声あげててさ…」と言いかけると「だからか…」とムッとされました。


a0207672_11434307.jpg
それほどコースタイムからオーバーせずに頂上に。息子も起きてすれ違う人に愛嬌を振りまいております。頂上付近の蕎麦屋で蕎麦を食べました。平日だから空いていて助かりました。以下、今回の初ベビーキャリアで気付いたこと。

●往復2時間もあるかな?という行動時間だったので重さは全然平気。
●背負い心地はやや背面長が長いか。でも現行品のベビーキャリアは背面長が調節可能。
●重さ10kgを越えてくると腰への負荷分散が必要になってくる。
●ネックピローはやっぱりほしい。
●体を動かさない赤ちゃんの防寒はオーバーぎみに。

さて、次はどこに行こうかな。
by yama-oson | 2017-12-06 13:31 | 山行 (その他) | Comments(3)
Commented by けた at 2017-12-07 09:45 x
カワイすぎて癒されますOSONジュニア!
ブログでは初顔出しですね(多分)
そのうち歩けるようになると高尾山くらいならガンガンひとりで登っていくようになりますよー(笑
Commented by yama-oson at 2017-12-10 11:03
そうですね、確かに初顔出しですね笑。
あっという間に自分で歩いていくようになるでしょうねー
その時もまた高尾山にお世話になります笑
Commented by cozy at 2017-12-12 19:45 x
最初の写真…ややパンチョな口髭と派手な色彩の子供服に、
メキシコかペルーあたりに移住したのかと…でも高尾山(笑)

あと、まだ子供とはいえ女性からの歓声に敏感に反応する息子と、
それに対する母親の厳しい視線…今後しばらく続くと思われます。
絶対解決出来ない問題なので、見て見ぬ振りの反応が得策かと…
※ヤバかったらコメント消去して構いません(笑)




ベビーキャリア探し >>