西岳・常念岳 1日目(2016.9.3_5)
a0207672_1120062.jpg
2016年9月3〜5日、西岳、常念岳あたりを歩いてきました。



色んな事が重なっておりなかなか山に行けていませんでした。個展や日々の仕事や新しい家族の犬…などなど。実は春頃にソロで八ヶ岳にサクッと行っておりますが、それもまぁガス抜きに近い山処方といいますか。個展も終わり、新しい家族である犬の生活リズムにも少し慣れてきた9月。もう辛抱ならん!と奥さんに許可をもらってソロで山に行くことにしたのでした。

さて、どこにいこうかなーと色々と悩みましたが、この週末はなんだかどこも微妙な天気。週間天気をみていても一日ごとに晴れになったり雨になったり。「もう考えても仕方ない!行こう!もう何年も行ってない上高地に!」ということになりました〜。予定では二泊三日。最悪、雨がひどければ一泊二日に変更すればいいっしょ。


a0207672_112032100.jpg
前日。あまりに久々で「なんか忘れ物ありそうで怖い…」とビビりながらパッキング。事前の予報では涸沢近辺の3,000m付近の夜の気温は10℃。え?暖かくない?いくら夏でもこんなもんだっけ?

僕もU.Lハイカーのはしくれ。あまりに極度にギリギリの装備に削るのは北アルプスなんかでは懸命とはいえないと思うけど、あまりにビビってヌクヌクパッキングをしててはそれはあんた、ウルトラライトとはいえませんわな。なので寝袋をトップキルトに。その代わりにインサレーションにダウン上下とフリースを持ちました。…って、けっこうヌクヌクか(笑)。テントはローカスギアのクフ。ネットテントはいらないかな。食料も色々と書き出しながら詰め込み、パッキング完了。

前夜の22:30頃自宅を出て2:30頃に沢渡駐車場に着。予定通り。うちの近くの藤沢から松本までずーっと高速道路で行けて、下道は実質30km程度しか走らないのでアクセスはかなりしやすい。奥多摩とかより下手したら楽かも?ってほど。


a0207672_11203442.jpg
駐車場で6:00まで仮眠。3時間くらいは寝れたかな。起きてパンを食べて準備を完了して「さ〜て、バスに乗るかな」と駐車場をバス停に向けて歩いていると「お客さん!」と声をかけられ。乗り合いタクシーにて上高地まで向かうことに(一人840円)。

その中に女性が一人。なんと、山と道のスリーを背負い、山と道ショートパンツを履き…とまぁ、けっこうな山と道フリークっぽい女性。「降りたら話しかけてみよう」と思ってたのですが、タクシーがターミナルに着くとまるで逃げるかのようにタクシーを離れていきました(笑)。後で奥さんにそのことを話すと「女性一人だとそういうのって敏感になるよ」とのこと。確かに。自分も女性なら「ほっておいて」と思うだろなーと。ちょっと拍子抜けでしたが、まぁさっそく歩き出します。

普通の土日だからなのか、天気がいまいちだからなのか、かっぱ橋も閑散としていました。帰りに通ったときには平日なのにかなりの人がいたのでもしかして時間かな?


a0207672_11204669.jpg
a0207672_11204739.jpg
これこれ〜このフラット。前に歩いたのはもう6年も前(!)ですがこの景色は覚えています。すごくワクワクしたな〜。上高地名物のこの画家さんの絵もいつもある。


a0207672_1120494.jpg
明神館。6年前はここの段階でヘトヘトだったけど今は荷物が軽く。特に用事もないのでそのまま先を急ぎます。


a0207672_11205036.jpg
とりあえず、初日は晴れてよかった!


a0207672_11205275.jpg
徳沢園。テントは2〜3張り程度。しかしカフェのほうはなかなか混んでいました。


a0207672_11205542.jpg
今回はほんとうに空いてます。これくらいがいい…!前に来た時はシルバーウィークなので本当にすごい人でしたから。


a0207672_11205725.jpg
10:15、横尾に着。ここまで少しだけCTをまいたかな。ここで炭酸を飲みながら今後のことを考える。ここから涸沢に行って6年前と同じルートを取ろうと思ってたけど…涸沢にベースキャンプを張って二日目に北穂だか奥穂にアタックってのもなんだか「登頂が目的」って感じだよなー。始めた当初はそれでもよかったけど、今は気分じゃないなー。

と地図をまじまじと眺めていると、ふと気付きました。「このまま北上して西岳方面へいけば明日には大天井〜常念の裏銀座に入れる!」と。でも待て。コースタイムを足していくと1日の行程が約8〜10時間。去年など毎月ガンガン歩いていた頃ならいざしらず、常に運動不足の自分が何ヶ月ぶりかのハイキングでそんなに歩けるだろうか?しかも歩いたことのない道だし…と悩む悩む。

でも、久々のハイキングで嫌というほど歩いてみたかったので「行こう!」と決心しました。念のため奥さんに変更したルートを連絡して北上開始。


a0207672_11205969.jpg
a0207672_1121151.jpg
しばらくは梓川沿いに登っていくのね。沢沿いはなだらかで歩きやすい。


a0207672_1121297.jpg
この透明度。


a0207672_1121483.jpg
槍沢ロッジに着。いい時間なのでここでお昼ごはんにします。持ってきたインスタントラーメン。今回火器はガスバーナーにしました。なんか二泊三日とかだと、多少重くてもガスにしちゃうなー楽だから。


a0207672_1121658.jpg
暑い。ここまでは木々が日差しを遮ってくれたけど沢に出てからは露出。


a0207672_11212429.jpg
槍沢キャンプ地。なんだか不思議な場所。昼過ぎで2〜3張りのテントがありました。


a0207672_1121422.jpg
水俣乗越への分岐。さぁ…ここからが本番だぜ。しかし、このあたりでけっこう疲れてきてました。なんといっても普段まったく運動しないですからね…。いけるのか?


a0207672_1122128.jpg
1時間30分かけてなんとか急登を登りきりました。正直、かなりキツかったですね…たぶん久しぶりの空気の薄さもあると思う。ずっと深呼吸しながら登ってました。あまりにキツすぎて途中の写真はないです(笑)。ここから西岳まではさらに2時間くらいあるのか…。


a0207672_11221355.jpg
しかも!ここまでよりさらにキツそうな稜線歩き…。このあたりでけっこう心が折れかける。やっぱり涸沢にしておけばよかったかな…と。


a0207672_1122216.jpg
この区間の歩きは、残り少ない歯磨き粉を絞り出すような、そんなレベルで体力を無理やり絞り出して歩いておりました。体が重い!こんなハシゴとかあるし!(笑)。

こういう時に一人だと孤独よね。「ここへ来てハシゴって、まじかよ!」とか一人で呟いてました。力尽きたときのためにビバークできそうな場所を探しつつ歩いたり。


a0207672_11223474.jpg
16:00、やった!!!やっと西岳ヒュッテが見えた。こんな嬉しいことって久しぶりだ。ハイキングしてないとこの感覚を忘れてた。日常にはそうそうない感覚なんだなぁ、これって。


a0207672_11224328.jpg
a0207672_11225147.jpg
a0207672_1123066.jpg
テントの受付をしてオレンジーナを購入。テン場をウロウロとしてみたけど僕の他に2張りほどで空いている。どこでも張れるが、意外とフラットな場所がない。かならず斜めっている。一番奥、って感じのところまできて良さげな場所を発見。常念岳と穂高の山脈に挟まれている絶景スポット。


a0207672_11232037.jpg
思いっきり稜線上なので風が強いと厳しいかもしれないけど、今回は大丈夫でしょう。大きな石も転がっているのでそれでクフを固定。家が建ったので一安心してオレンジーナを一気飲み。コーラとかだと炭酸がやや強いけどオレンジーナは控えめなのでグビグビいけていいすね。これからオレンジーナかも(実際にこの辺りの小屋にはオレンジーナがよく置いてあった)。


a0207672_11232997.jpg
a0207672_11233726.jpg
今回16時に着いてるので慌ただしく夕飯の準備にかかります。遅めにつくと暇な時間がなくていいような、悪いような。ま、いいのかな。今日の晩飯は自宅で奥さんがタレにつけてくれた焼肉!凍らせて家を出ましたが到着した頃には当たり前ですが溶けており。奥さんも「大丈夫なのかな?」と心配していましたが、どうなんでしょ?味は非常に美味く、アルファ米もガツガツ進みます。

ご飯を食べてなんやかんやしてたら20時頃。ヘトヘトだから寝れるでしょーと思ったものの、いつものように22時くらいに目をさまし。電波も入ってたからネットしたりしてたら大きいのがしたくなって。お肉のせいなのか…ただ単にしたくなったのかわかりませんが、タレにつけてくるとフライパンの掃除も大変だし…ちょっと考えないと(笑)。

トイレに行くために外に出ると満天の星空が広がっておりました。気温は予報通り10℃ほど。行動してたシャツの上にフリース+レインウェア、ダウンの下を着てまったく寒くありませんでした。そりゃそうだ。
by yama-oson | 2016-09-17 22:11 | 山行 (北アルプス) | Comments(4)
Commented by なかむ雷鳥 at 2016-09-18 07:57 x
フライパンの問題は、
クックパー
http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/cookper/fryingpan.html
で解決ですね
Commented by oson at 2016-09-18 12:18 x
わー!こんな便利なものが。重さなんてないようなものでしょうし、これいいですね。
Commented by Saikoro at 2016-09-21 08:36 x
山行を目指す平地キャンパーのSaikoroと申します。ちょこちょこ拝見させていただき初コメントです^_^
ブログをみて北アルプスに行った気になってしまっている自分がいていつかはやらねばと準備に勤しんでおります!
またちょこちょこお邪魔させて頂きます!
当方もブログやってますので、お気に入り登録させて下さい٩( 'ω' )و
Commented by yama-oson at 2016-09-21 21:35
Saikoroさん、コメントありがとうございます!北アルプスあたりはやはりいいですよ!準備は必要ですがその分、行く価値があります。また遊びにきてください〜。
<< 西岳・常念岳 2日目(2016... 双六岳 3日目(2015.9.... >>