MPB 硫黄岳 1日目(2015.2.12_2.13)
a0207672_01482605.jpg
2015年2月12〜13日、八ヶ岳の硫黄岳にアタックしてきました。先週も訪れた八ヶ岳(笑)。それこれもこの日のため。寒さは体験することができましたが、果たして厳冬期の硫黄岳に登頂できるのか?



そもそもはジャキさんの「そろそろアルパインやんない?」という提案が発端。今までは「厳冬期の登山=恐怖」というイメージしかなかったのですが、少しは山登りの経験も積んできて危険を回避することも多少できるようになったし、雪山ハイキングを通してキリッと締まった厳冬期の山の楽しさも知ってしまったし…そろそろ少しづつ雪山に足をつっこんでもいいかな?と思いだしてたころでした。

そしてジャキさんも(いい意味で)臆病なので危険な冒険はするタイプじゃないし、あくまで「ゆるハイキングから一歩先へ進むアルパイン」という認識だったので僕も挑戦していくことにしました。

早速、ジャキさんとジェリー鵜飼さんですでに組まれていた座組、MPB(Mountain Poor Boys、ジャキさんっぽいネーミングw)に参加することになり(笑)、その勢いでそれまで持っていなかったアイゼンとピッケルを購入。あっという間に冬山へ向かう準備が整ってきたのでした。そしてMPBとして最初のターゲットは硫黄岳!というのも決定。2月のド平日にフリーランサー・プア・ボーイズが八ヶ岳を目指したのでした。

【登山ルート】
1日目:美濃戸口 → 赤岳鉱泉(泊)
2日目:赤岳鉱泉 → 硫黄岳 → (撤収)→ 美濃戸口


a0207672_01471519.jpg
鵜飼さんとジャキさんをピックして八ヶ岳麓のAコープで食材の買い出し。と、この時に僕はすっかり忘れてしまったカメラの変わりに使い捨てカメラを購入。どうだろう?使えるかな?と半信半疑でしたが、結果が今回のブログの写真。

悪くないけど、やはりレンズが暗いので明るいところじゃないと潰れちゃいますね。テント内の写真なんかはPhotoshopでかなり補正しております。ただ、良いところもあって、作りが簡素なので-20℃でも平気で使えること。デジカメのジャキさんは「シャッターがおりない!」なんてやってましたが、この使い捨てカメラはまったく平気でした。

Aコープでお昼の弁当を買って食べたりしてダラダラと登山口を目指し、美濃戸口に着いたのが12時頃。まぁ、赤岳鉱泉まであっという間なので問題なし。ゲイターつけたりアイゼンはいたりして準備。僕は初アイゼン!爪がサクッサクッと引き締まった雪面に食い込んで気持ちいいすね。


a0207672_01471676.jpg
天気は曇り、気温は-5℃前後。比較的暖かいです。ジャキさんはガスト、鵜飼さんは山と道ONE。僕も今回はONEです。しかし、さすが鵜飼さん。キューベンのONEのワッペンカスタムがかっこいい…。こういうのってセンスいるんですよねー僕にはマネできないっす。

そしてジャキさんにも鵜飼さんにも付いてる迷彩のサイドポケットはジャキメイド。見えませんが僕はONEの色に合わせてコヨーテカラーで作ってもらいました。厳冬期はとかく荷物が増えがち。アイゼンを入れたり濡れた冬装備を入れたり、または後で突っ込むことの多い食料を入れたり。何かと便利なポケットです。ジャキさん、ありがとう!


a0207672_01471735.jpg
なんの問題もなく、サクサクと登っていきます。もうこのあたりからジャッキー劇場が会場してたような(笑)。熱くなるジャキー劇場に時に優しく、時に熱く相槌を打つ鵜飼さん。


a0207672_01471865.jpg
快調に登る我々とは裏腹に決して良い天気といえない空模様…。「まぁさ、このままみんなで飯食って寝て下山でも十分に楽しいよね!」とジャキさん。まぁねーでもさすが決めるの早くない?(笑)。明日は晴れるかもしれないし。


a0207672_01472112.jpg
a0207672_01472244.jpg
15:00、名物のアイスキャンディーが見えたら赤岳鉱泉に到着。平日だというのに僕らの他に4〜5組はテントがあったかな。さすが人気の山ですな。


a0207672_01472389.jpg
テントの受付をしたら早速寝床の設営。実は今回!ジャキさんがカフラを担いできてくれました。これで3人宴会して寝てしまおうっていう魂胆。特に若い登山者の間では個泊が主流と言われてますし、僕もそうです。しかし、ひねくれ者の我々は「じゃ、むしろグループ泊しようぜ」ということに。

実は最初僕は個泊に慣れてたので不安がありました…(笑)。一人じゃない時はせいぜい奥さんと二人用テントに寝る程度。大丈夫かな〜夜寝れなくてもゴソゴソできないな〜と少々不安要素がありましたが、結論からいうと、かなりイイ!でした。合宿みたいで楽しい(笑)。ご飯食べてお酒飲んで眠くなるまで話してそのまま寝る…た、楽しい。寝れるか心配でしたが、むしろ一人の時より寝れたような…。


a0207672_01472401.jpg
カフラを張ってしまえば特にやることもないので、ダラダラと宴会開始。グループ泊だとみんなが何を作ってるのか?とかよく見えて楽しい。


a0207672_01472584.jpg
そんな中、鵜飼さんが「これ、うちの奥さんから」って出してくれたのがチョコレート!!そうでした。後2日後でバレンタインデー。なんていうさりげない優しさ!あまりに美味しかったのでみんなで取り合うようにして食べてしまいました。鵜飼さん、ありがとうございました〜!

夜は何食べたっけなー(笑)。確か鍋とかそんな感じかな。ダラーと夜ご飯食べてシュラフに潜り込んだあともダラーっとしゃべる。「ジャッキー劇場すごかった!」ってジャキさんだけのせいにしたいですが、この日は楽しすぎて鵜飼さんも僕もみんな饒舌だったのを覚えています。


a0207672_01500987.jpg
そんな理由で日没前の写真しかないですが、おやすみなさい。明日は硫黄岳に(できれば)アタックしたいので晴れますように!
by yama-oson | 2015-03-24 03:04 | 山行 (八ヶ岳)
<< MPB 硫黄岳 2日目(201... 天狗岳 装備編(2015.2.... >>