裏銀座縦走 4日目(2014.9.20_23)
a0207672_20464880.jpg
2014年9月20〜23日、北アルプスを縦走してきました。七倉ダム〜烏帽子〜三股〜黒部五郎〜双六〜槍ヶ岳〜新穂高温泉というコース。とうとう最終日を迎えてしまいました…寂しい!



【登山ルート】
1日目:七倉ダム → 高瀬ダム → 烏帽子小屋(設営) → 前烏帽子岳 → 烏帽子小屋
2日目:烏帽子小屋 → 野口五郎岳 → 水晶小屋 → 三股山荘 → 黒部五郎小舎(設営)
3日目:黒部五郎小舎 → 三俣蓮華岳 → 双六小屋 → 西鎌尾根 → 槍ヶ岳山荘(設営)
4日目:槍ヶ岳山荘 → 槍平小屋 → 白出沢出合 → 新穂高温泉


a0207672_20464848.jpg
3:30、予定通りアラームが鳴るも二度寝して3:55に起床。というのも疲れが溜まって眠いはずなのに昨夜はあまり眠れなかったから。まどろみなが寝返りをうち、寝たような寝てないようなまま朝をむかえたのでした。気温を確認すると、昨日や一昨日と同じ-3℃くらい。寒くもなく暑くもなく。

テントを確認すると霜も降りてなく(今まではずっとすごかった)テント内も結露無し。なぜなんでしょう?不思議…。山のことはまだまだわからないことだらけ。おじいさんになった頃には「◯◯だから霜が降りたんだ」とわかるようになるのかしら?


a0207672_20464831.jpg
そして今朝も快晴。なんて贅沢な話なんでしょう。全日快晴ですよ。朝焼けもとても素晴らしく、口では説明できない種類の色の空をしています。今朝は最後に残った尾西の松茸ごはんを朝ごはんにします。けっこう美味しい!でも朝から食べるにはけっこう量があるので半分ほど残しておき途中で食べることに。

今回は食料や行動食の分量が完璧でした。ほとんど残ってません。厳密に言えば万が一の事態を想定して少し余るくらいがベストなのでしょうけどもすっからかんになって下山するのはなんとも気持ち良いですね。


a0207672_20464807.jpg
いつも通り5:00には出発準備完了。テン場のプレートを小屋に返却して出発!ここから一気に高度を下げるのでこの北アルプスの景色も見納め…。


a0207672_20464826.jpg
飛騨乗越。ここから新穂高温泉に向けて下山。


a0207672_20464816.jpg
ほんのり赤く色づきはじめた山々。今日もまた晴れそうですね。


a0207672_20464885.jpg
ここからの下りは、昨日西鎌尾根から見えていた場所。「明日はあそこを下りるのかぁ…えげつないな」と眺めてた九十九折です。下りなのでえげつない急登も楽勝。サクサク下りますが気温が高くて暑い。


a0207672_20464812.jpg
急な斜面が終わって普通の登りに。サクサク。


a0207672_20464836.jpg
a0207672_20464805.jpg
7:00、槍平小屋に到着。タケミチさんと「ここっていい感じの場所じゃなかったっけ?」と話していた槍平小屋のテン場ですが、いたって普通でした。平ではあります。谷にある関係なのか標高の高い槍ヶ岳の斜面よりもハードな冷え込み具合でした。ここでは残りの松茸ご飯を食べました。このスタイルはBOOさんのマネをしたわけですが、いいですね!朝ってしっかり食べてもお腹空くのでちょいちょい食べるのいいかも。


a0207672_20465889.jpg
滝谷出合とその向こうに避難小屋。かなり幅の広い川?なので台風や大雨の後などは増水してたらにっちもさっちもいかなさそう。


a0207672_20465829.jpg
滝谷出合から先はだいぶ標高が下がってきた雰囲気に。巨木もチラホラと。


a0207672_20465841.jpg
8:45、白出沢出合。ここからは林道なので下山したと同義。ここで驚いたのは仮設トイレや水場、ゴミ箱が設置してあったこと。特にゴミ箱は本当に嬉しかったです。4日分のゴミをまとめて捨てることができました。登山者に対して色々と親切な登山口でした。


a0207672_20465890.jpg
あとはとにかく無心で林道を歩きます。


a0207672_20465855.jpg
9:50、新穂高温泉から平湯温泉行きのバス停に着!9:55のバスを狙っていたのでギリギリセーフ!でした。

平湯温泉に着いてからはバスターミナル3階にある大浴場でお風呂に入り、1階のレストランで煮込みハンバーグ定食を食べ、14時のバスまで時間が超余ったので近くのMUSTACHEというカフェでミニパフェとコーヒーをいただきながらPEAKSを読んで時間を潰し、時間になったらバスに乗って東京に戻りました。新宿では「いきなり!ステーキ 新宿西口店」でステーキを300g食べて、裏銀座縦走は完結したのでした!

ソロの楽しさ、グループの楽しさを体験できて、さらに全日晴天。これほど完璧な山行があっていいのかしら?と思えるぐらい最高の旅でした。
by yama-oson | 2014-10-13 21:44 | 山行 (北アルプス) | Comments(4)
Commented by けた at 2014-10-14 10:18 x
全日快晴だなんて羨ましいー!!
僕が今年念願の北アデビュー(表銀座)した時は、
4日全て雨〜豪雨。一度も槍の穂先を拝めませんでした(涙
槍ヶ岳ってあんな形した山だったんですねー(笑
Commented by ryota kousaka at 2014-10-14 17:48 x
こんにちはー。全日快晴羨ましい限りです!
自分も以前、雲ノ平では凄い霜だったのに槍ヶ岳山荘では霜が無くて不思議に思ったことがあります。
霜は風が弱い方が出来やすいらしく、槍ヶ岳山荘ではルナソロが倒壊する程の風だったので、その違いかなーと思っています。
ちなみにその時の設営スペースは(F)でした。自分も(D)なら倒壊せずに済んだかも…
Commented by yama-oson at 2014-10-15 16:57
けたさん
わぁ…全日雨&豪雨って…。信じられない!
後に慣ればいい思い出になるかもしれませんが…
デビューでそれは悲しいですね。
思えば僕も最終日だけ雨の降った涸沢でした。
Commented by yama-oson at 2014-10-15 16:59
Kousakaさん
実はこの山行中唯一、ガスに巻かれたのは槍ヶ岳でした。
この日は風もほとんどなくて穏やかだったので
槍ヶ岳もガスったのかもしれないですね。
ブログでルナソロ倒壊したの読みました(笑)。
Dならたぶん大丈夫だと思います。
かなり守られてる感ありました〜。
<< 裏銀座縦走 装備 裏銀座縦走 3日目(2014.... >>