南八ヶ岳2(2014.5.4_5)
a0207672_23245000.jpg
2014年5月4〜5日、毎年恒例に近い我々夫婦の山開きで八ヶ岳に行ってきました。冬でも日帰りの登山や、僕一人で奥多摩あたりにテント泊はしますが、妻は寒がりなのでGWが頑張ってテント泊できる1年で最初の季節なんです。



ということで「GWどこにいこうね」の山探しからスタート。毎年「今年は頑張って北アルプス?」とか色んなアイデアが出るものの冬の間はテント泊装備で山に登ることも少なく体力的に不安なので結局我らが八ヶ岳に落ち着くのです(笑)。

一昨年も同じような理由で八ヶ岳を目指したのですが、その時に目的地としたのは天狗岳とその麓の黒百合ヒュッテ。夜になると一気に冷え込み-10℃近くまで気温が下がりました。寒さで具合が悪くなって食べ物も喉を通らないほどになった妻。苦い思い出が脳裏をかすめましたが「青年小屋なら南側だから暖かいんじゃないかな?」ということで今回は八ヶ岳を目指すことにしました(青年小屋も3〜4回は行ったことあるんですけどね)。

【登山ルート】
1日目:観音平 → 押手川 → 青年小屋(設営)→ 編笠山 → 青年小屋
2日目:青年小屋(撤収)→ 押手川 → 雲海展望台 → 観音平


a0207672_23245802.jpg
GWということで渋滞を警戒して早めに出発したのが功を奏して9:30頃には観音平の駐車場に到着しました。しかし、駐車場は満車で仕方なく路肩に車を停めることに。10:00、出発!

今回目指している青年小屋はあまりに何度も行ってる山なので「カメラ、いっか」と適当にiPhone5sで撮影(笑)。とはいえ、ブログにする時にあまりに寂しいのでこのブログのリンクにもあるarataman.comのこの記事を思い出し、あらたまんさんにフィルムカメラ風のPhotoshopアクションを教えてもらいました。iPhone撮って出しの写真より、少し雰囲気がある写真になりました。


a0207672_23250793.jpg
歩き始めこそ乾いた地面でしたが、少し行くとすぐに残雪のお出迎えです。それはもちろん想定の範囲ですので、今回は防水のバッドロックを履いてきました。


a0207672_23251661.jpg
a0207672_23252400.jpg
途中の雲海展望台からは富士山もバッチリ見えました。その上にさんさんと輝く太陽の周りには…なんだっけ。虹みたいのがあって。妻と「虹だ虹だ」と喜んでいましたが、今思えば虹じゃないっての。そういうのは恥ずかしいので小さい声で言うようにしないとなぁ。このあたりで富士山を見ながらコンビニ調達のおにぎりでお昼ごはん。


a0207672_23253347.jpg
端折って(笑)。13:10には青年小屋に到着です!ここまですれ違ったり周りを歩いている登山者をみていて「空いてるかも?」という期待がもてます。GWなので混雑も覚悟でいたのですが。


a0207672_23254064.jpg
この通り。とっても空いてました。最終的にぼくらのテントを含めて4張り。ただ、雪解けしたばかりの地面は非常にぬかるんでいて、張れる場所は限られてました。今回は寒さを用心してハバハバ。妻に至っては寝袋はアンテロープ。厳重です。


a0207672_23254841.jpg
様子をみて行けそうなら権現も目指してみるつもりでしたが、この残雪具合を見るとチェーンスパイクとストックではちょっと心配。どうしても行きたいわけじゃないですし、あっさりとやめました。代わりと言ってはなんですが明日経由して下りる予定だった編笠山を天気の良い今日のうちに登ることに。

見た目は小さいし「迷うわけないだろう」と気を抜いていたのですが、受動的に先行しているカップル?について行ったらトレースを見失うことに。このカップル(初心者っぽい男性と山なれした女性)はずっと男性がへばっていて「ね〜ちょっと待ってよ〜」と弱々しい声を出しています。男性の弱々しさにイラツイているのか、女性はそれに答えもせず黙々と登っています。なんとも険悪なムードをずっと漂わせていました。途中そのカップルを追い抜いたのですが、その頃にはトレースは見失っており。僕らはきた道を戻ったりしてなんとかトレースを再び見つけました。が、そのカップルも順当にいけば道を見失うわけで。あの険悪な状況で道を見失うのは…想像しただけで辛い(笑)。


a0207672_23265195.jpg
なんて人の心配をしている間に登頂。最初は渋々編笠山に登ることに賛成した妻も360°の絶景に喜んでいました。翌日は曇ってしまったので結果、この日に登って正解でした。


a0207672_23255798.jpg
下山したら夕飯の準備。青年小屋は水場まで4〜5分あるので有名(?)ですが今回はチョロチョロしか出ていなかった秋の頃と違って水は豊富に出ていました。


a0207672_23260585.jpg
鍋キューブを使った白湯豚鍋。きっと外で調理するのは寒いだろう、と用心してそれぞれの全室で一人鍋をしました(笑)。具を食べた後は朝にコンビニで買っておいたおにぎりを投入して雑炊に。これはご飯を作る必要ないし、海苔はアクセントになるしで大正解。

夜の早い我々は19時には就寝。寝る前までは隣の若い男の子二人組が女の子の話を大声でするので話の内容が聞こえ、その内容の若々しさに苦笑いしていましたが、夜になると逆側の団塊おじさんテント(5〜6人)が非常にうるさく。厳密には一人の酔っ払いおじさんが独走してうるさいんですけどね。夜の9時を過ぎても全然その勢いは衰えをみせず、たまたま耳栓を忘れた僕は辛い思いをしました(笑)。


a0207672_23261459.jpg
朝、6:00起床。-3℃くらいまで下がったようですが、一昨年の-10℃を思えば余裕。妻も寒くなく眠れたそうで一安心。この写真はなぜかシチューと水が写ってますが(笑)、実際にはシチューと事前に買っておいたパンを食べました。妻が使っているSOLA TITANIUMGEARのテーブル、こういうところでは非常に便利そうだなぁ。無くても平気だけどあったら一気に文化度が上がるアイテム。moonlight gearでも常に売り切れなので相当人気があるんでしょうね。


a0207672_23262399.jpg
登りは結局アイゼンを使いませんでしたが、下りは滑ることが予想されるので装着。7:00、下山開始。今日は下りるだけだし何も急ぐことはありません。


a0207672_23263543.jpg
この日はまだGWだったので何人もの登ってくる登山者とすれ違いました。そして9:00には下山。ソロの時も下山後に行ったスパティオ小淵沢に向かい、お風呂の開店前から並び、その後は中華の開店前から並び、すっきりして帰りました。短かったですが、残雪も楽しめて今年初のオーバーナイトハイクとして最高でした。

by yama-oson | 2014-06-09 01:29 | 山行 (八ヶ岳) | Comments(2)
Commented by arata at 2014-06-10 10:32 x
ご紹介ありがとう。びっくりしました。笑
iPhoneならアプリ代わりにフィルタで遊ぶのも良いね。
途中に出てきた険悪なカップル…想像出来て笑えない。
こういう時の女の人は超コワいです。
Commented by yama-oson at 2014-06-11 02:00
そうですね〜。
やはりiPhoneだとちょっと味気ないのもあって。
フィルム調にして遊んでみました。
僕も…あのカップルのようにはなるまい、と思いましたが
どうしてもなる時があります(笑)。
<< 将監小屋(2014.5.24_25) 雲取山4(2014.1.24_25) >>