赤岳(2日目)
a0207672_2246467.jpg
2013年8月3〜4日、赤岳に登ってきました。初日は美濃戸口から赤岳鉱泉までなので本当にあっという間。2日目が赤岳に登る本番の日です!天気も晴れてくれると良いのですが。



【登山ルート】
1日目:美濃戸口 → 赤岳鉱泉(小屋泊)
2日目:赤岳鉱泉 → 行者小屋 → 地蔵の頭→ 赤岳 → 文三郎尾根 → 行者小屋 → 美濃戸口


a0207672_22465613.jpg
4時起床。前日は夜までみんなで酒盛りをしていましたが21時には就寝したのでみんなそれなりに眠れたんじゃないでしょうか?普段、小屋ではまったく眠れない僕も今回は勝手知ったる仲間に囲まれていたからかグッズリと眠ることができました。パッキングをして5時前には小屋を出る準備が完了。前日に用意してもらっていたお弁当を小屋の自炊コーナーで食べます。


a0207672_2247487.jpg
外に出てみるといい天気!雨は降らさそうです。昨日は2時間そこそこの行動時間でしたが、今日は赤岳に登って美濃戸口まで戻るので最低でも7時間行動。休憩などを含めると8時間くらいはかかるでしょうか。けっこう歩くので山に慣れていない、かえる先生夫婦が少し心配ですが…初日の体力を見てるとなんだかいらぬ心配かもしれません。


a0207672_22471398.jpg
朝露に濡れた森の匂いを感じながら行者小屋を目指します。こういう匂いはすぐに感動に繋がるわけじゃないものだと思いますが、きっと後々「あの匂いを嗅ぎたい」と強く欲するようになるんじゃないでしょうか!


a0207672_22472420.jpg
行者小屋から望む阿弥陀岳。いい天気!嬉しい。八ヶ岳の山は素晴らしいのは確定しているのであとは天気だけが心配でしたが、こうして無事に晴れてくれました。きっと稜線からの景色は美しいはず。


a0207672_22473968.jpg
地蔵尾根を登ります。


a0207672_22474927.jpg
稜線に出ると向こうのほうに富士山がうっすらと見えました。


a0207672_22475936.jpg
チシマギキョウ(たぶん)。


a0207672_2248778.jpg
赤岳展望荘に到着。僕らとしても3年ぶりの赤岳展望荘なので懐かしい!みんなまだまだ元気なようです。


a0207672_22481652.jpg
さ、いよいよ核心部。赤岳に登ります。実は今回僕は少しだけ緊張しておりました。3年前に登った赤岳はちょっと怖かった記憶があるのです。その時はところどころ両手両足を使って登りましたが「後ろに倒れて滑落しないか?」などと少し怯えながら登った記憶があったのです。あれから3年経って少しは技術が進歩したのか?山に慣れたのか?今回はそれを試すのに絶好の機会でもありました。


a0207672_22482570.jpg
で、登ってみるとかなり余裕でサクサクと登ることができました。少しは山に慣れたと考えていいのかしら。ひょいひょいと登っていたら、途中で休んでいるご夫婦に「身軽ですね!」なんて言われたりして。かえる先生達も慎重ながらも確実に登ってきます。


a0207672_22483414.jpg
8:00、赤岳登頂!かえる先生の奥さんが写真を撮ってくれました。頂上は激混みだったのと頂上だけはガスっていたので景色も楽しめなかったのでそそくさと下山開始しました。


a0207672_22484344.jpg
下山ルートは文三郎尾根でいきます。


a0207672_2248537.jpg
昨日よりも長く歩いてるところへ緊張を強いられる岩場の連続。山に慣れないうちは必要以上に緊張してしまって、それが体力消耗に繋がるんですよね…。自分がそうだったのでよくわかります。かえる先生夫婦の顔にも、少し疲れの色が見えてきました。


a0207672_2249512.jpg
a0207672_22491565.jpg
緊張ゾーンは終わりました。あとは太ももの筋肉を酷使しながらの下山です(笑)。


a0207672_22492719.jpg
10時、行者小屋に戻ってきました。元気じゃないですか!


a0207672_22494040.jpg
ここでおでんタイム。疲れた体にはおでんが美味い〜。でも人気すぎて品切れのネタがだいぶでてきてたなぁ。


a0207672_22495197.jpg
行者小屋からはゆったりとした登山道なのでのんびりと下ります。途中、また鹿がいて盛り上がりました。


a0207672_2250569.jpg
13時頃下山。7時間近く歩いていたのでやはり疲れたようですが、それでもグッタリというほどではなく。すごいなぁ!僕の時はカッチカチの底のブーツのおかげで足が痛くて仕方なかった記憶があります。

下山後はゆーとろんで食事&温泉。温泉は広くてよかったです。帰りはもちのろん、渋滞に巻き込まれ。20:30頃、東京に戻りました。このまま夜飯も行っちゃおう〜!ってことで上町のバーボンへ。ここは普段からよく行ってる洋食屋さんでボリュームもあって大好きなのですが、下山後のバーボンは最強でした!!これは定番にしたいくらい。みんなで「美味しい!」を連発しながら完食しました。

かえる先生夫婦、けっこう山を楽しんでくれたようですがハマるようになるかな?山の良さってジワジワきますからね〜。気長に待つとします(笑)。

by yama-oson | 2013-08-04 20:45 | 山行 (八ヶ岳) | Comments(0)
<< メディア掲載情報 赤岳(1日目) >>