JMT (ハイク3日目)
a0207672_1101330.jpg
JMTの3日目。これまでは「行けるとこまで進む」という感じで進んできましたが、
実質最終日である3日目はそうもいきません。ゴール地点のトゥオルミーメドウに
できうる限り近づいていなければならないのです。



a0207672_1056204.gif
8/29(水):ドノヒューパス手前(撤収) → ドノヒューパス → ライエルキャニオン
      → トゥオルミーメドウ(設営)


a0207672_110955.jpg
朝がやってきました。"なるべく日が最後まで残っていて、なるべく日が早く昇る"場所に
キャンプしたのは正解でした。朝5時に起きて、6時頃には日が当たるようになりました。
夜中の気温も前日より暖かく、だいたい3℃くらいありました。

4日目は朝10時のバスに乗ることを考えると、3日目は実質最終日。
ここからゴール地点のトゥオルミーメドウまでは今までで最大距離の約23km。
これまで17km程度歩いただけでヘトヘトになっていたことを考えると正直不安ですが
ライエルキャニオンから先は超フラットということだけが希望です(笑)。


a0207672_1101064.jpg
楽しみにとっておいたCOMOのアンパンを朝食とします。美味かった!


a0207672_1103791.jpg
8:00前には僕らは出発!この日も基本的にY君と僕らは別行動。
今日は今回の行程の中で最も標高の高いドノヒューパス(3370m)を越えます。
歩き出しこそフラットでしたが、すぐにジワジワと登りになります。


a0207672_1103364.jpg

写真撮影 N君


なだらかなスイッチバックなので歩きやすいものの、
何も遮るものがない炎天下という状況が地味に体力を奪っていきます。
しかし、N君の写真はさすがデザイナー目線が入っている気がする。
この写真も雑誌なんかの扉ページに使えそうじゃありません??(それはないか)


a0207672_111469.jpg

撮影ポイント①


ドノヒューパス!途中で合流したY君も含めて、久しぶりの集合写真。
パスには湖もあってのんびり遊んでしまいました。先急がないと〜。


a0207672_1111216.jpg
パスを超えると向こうにはまた今までと違った景色が広がっています。
今日のうちにあの谷まで下りてずっと奥のほうまで歩くのです。
日本で山歩きをすると「山を歩くぞ!」って感じですが、
JMTだと「大地を歩くぞ!」という感じがします。


a0207672_1111097.jpg
ライエルキャニオンに向けて下っている途中、JMTで初めて雲を見ました。


a0207672_1112957.jpg
パスを越えてすぐの場所にまた湖がありました。
地図には名前が載ってないのですが、名前はないのかな?
よく見ると先に行ってたY君がほとりにいるのが見えます。


a0207672_1113977.jpg

撮影ポイント②


すごく景色の良い場所にある湖。なんとなく涸沢のカールを思い出しました。


a0207672_1115779.jpg
すると突然、Y君が妙な格好に!頭を洗っているようです。
「本当はザブンと浸かりたいんやけど、ここは水が冷たくて無理や」とのこと。


a0207672_1115728.jpg
お次はN君が小さい岩の上でジャンプ!
「ジャンプ中の写真を撮って〜」というので撮ってみました。なかなかいいのでは!?
でも、この着地に失敗して見事に片足が湖に落ちました(笑)。


a0207672_112795.jpg
いかんいかん!急ぐといいながら、美し楽しすぎてのんびりしてしまった…。
できることなら、この同じ行程を5泊6日とかで歩きたいです。
もっとのんびりとJMTを遊びながら歩きたいな〜と思いました。

眼下にライエル川(でいいのか?)が見えてきました。
あそこまでくだれば後はフラットか!とワクワクしましたが、
実際にはもっともっとくだらないとダメでした。


a0207672_1121746.jpg

写真撮影 N君


途中、トレイルを補修している作業員の人達がいました。
みんなサングラスをしてヒゲを生やしているので同じ人に見えました。
ヘルメットがTHEアメリカ!って感じで格好良い。


a0207672_1122516.jpg

撮影ポイント③


ライエル川まで下りてきました。ここも広々してていいなぁ。
このあたりでご飯にしようか?と思ったのですが、水の流れが弱めだったので
「もっと水が動いてるところがいいね」ともう少し先に進んだ場所でお昼にしました。


a0207672_1123471.jpg

撮影ポイント④


13:00、お昼も食べて出発!しかし、そこからのくだりはややハードでした。
1時間ほど日本の登山道レベルの下りがあった末に、やっとフラットなトレイルに。


a0207672_1125513.jpg
せっかくなのでJMTの登山道を載せておきます(笑)。
実際には日本と同じで色んな種類の道があるのですが多くはこんな道でした。
砂の道という感じ。歩くと砂埃が舞うので靴は常に真っ白。


a0207672_1125355.jpg
ライエル川に沿ってくねくねと曲がったフラットトレイルを進みます。
サクサク歩けるから楽し〜。でも時間ない〜急げ〜(笑)。


a0207672_1124913.jpg

撮影ポイント⑤


うおっ!Y君。
ずいぶん先に行っている印象でしたが、こんなとこで念願のザブンを実行してるとは。
川の側からこちらに向かって「気持ち良いよ!」と手を振っています。
いいな〜!でもY君、時間がないぞ!僕らは先を急ぐよ!

このライエルキャニオンのエリアはこれといった標識が少なく、
いったい自分がどこにいるのかがわかりづらかったです。
JMTは道の分岐にしか標識を立てないようです。
これまでのJMTでの経験上「思っているより進んでいない」のが
常であったので僕らは先に急ぐことにしました。

そうそう、iPhoneのGPSを使えばいいのですが、妻が使ってみたところあまり
感度はよくなかったそうです。僕は電池が減るので最初から使うつもり無しでした。


a0207672_1133276.jpg
a0207672_1134096.jpg
15:40。途中、鹿がいたので休憩。鹿は奥多摩の鹿のほうが可愛かったな。
Y君「いやぁ、水浴び気持ちよかったわ」N君「いいなぁ」


a0207672_114127.jpg
a0207672_1141069.jpg
そしてまたフラットトレイルをひたすら進みます。
フラットで歩きやすいので心が無になってきます。

が、しかし。ここらで僕の体力がなくなってきました。クッタクタ…。
すると妻が「荷物が重いんだよ。交換してあげる」と言ってくれました。
しかし、僕は男。「大丈夫!」と気持ちだけもらって歩き出しますが…
やはり徐々にみんなから遅れをとってしまいます。


a0207672_1141433.jpg

撮影ポイント⑥


結局、妻のザックと交換してもらって(超軽い!)なんとか必死についていきます。
交換してもらってすぐは「軽い!これはいい!」と調子に乗ってサクサク歩いてましたが
またすぐにへばってしまいました…。やっぱり体力の問題なのか!
思い起こせば去年、雲ノ平へ行った時も3日目の最後、体力がゼロになったっけ…。


a0207672_11427100.jpg
17:40、力を振り絞りながら歩いていると、とうとうトゥオルミーメドウの看板が!
あと1.4マイル。約2.3 km。あと少し!…あ、PCTマーク。


a0207672_1142611.jpg

撮影ポイント⑦


18:00、トゥオルミーメドウ直前に到着!
最初、トゥオルミーメドウの中のキャンプサイト(お金払うやつ)にするか、
直前で泊まるか悩みましたが、途中すれ違ったハイカーや近くにキャンプしてた
女性3人組が「トゥオルミーメドウは日が当たらなくて寒い!」と言ってたのと、
ギリギリ最後まで大自然の中にいたかったので、直前に泊まることに。

ここからヨセミテ行きのYARTSのバス停までは、歩いて30分程度のはず。
10時初だから余裕を見て8時頃出れば十分でしょう。


a0207672_1143762.jpg
夕焼け。この日は満月に近くて綺麗な月も浮かんでいます。
JMTでの夜はこれが最後…と少し感傷的になるほどの美しい空。


a0207672_115779.jpg
この日はJMTの最後の夜に!と大切にとっておいた牛丼を食べようと思ったのですが、
あまりに疲れて食欲すらないのでカレーヌードルを食べることに。
N君がレッズメドウで買ったマッシュポテトも「今夜こそみんなで食べよう!」
なんて話をしていたのに、食べることができず…残念。
体力がないときこそ食わねば!という気合でカレーヌードルを流し込みました。

食事中、Y君が「僕、今夜は外で寝てみようかな、寝袋だけで」と言い出しました。
ちなみにライエルキャニオンは「クマが出やすいので気をつけるように」と
言われているエリアです。最初みんな「アハハ。そうしな、そうしな」と
冗談で流していたのですが、Y君はどうやら本気のようです。
そのうちに僕も感化されて「いいかも」という気になり、二人で外寝することに。

万が一、クマに襲われるとしたら、薄々のテントに入っていようが
外で寝ていようが変わらないだろうし、そうならないように
ベアキャニスターはわざわざ遠くに置いているのです。
なのでクマはそれほど怖いとは思っていませんでした。


a0207672_1151810.jpg
N君は「もう体力の限界」と言って自分のテントに戻ったので、僕とY君は寝袋に
くるまりながら、妻はダウンを着込んで星空の下カルフォルニアワインを飲みました。
しばらくして妻はテントに戻っていったので、Y君と「いやぁ、最高だね」なんて
話ながら寝ようと思ったのですが、二人とも一瞬で眠りに落ちたのでした。
満天の星空の下、寝袋だけでごろ寝している心地よさは言葉にできません。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
良かったら左のボタンをクリックしてください。



by yama-oson | 2012-08-29 20:21 | 山行 (海外) | Comments(5)
Commented by GM at 2012-10-04 14:10 x
更新を楽しみにしておりました。
躍動感のある写真が増えているように思います。
旅を楽しんでいる感じが伝わってきます。
Commented by takemicchy at 2012-10-04 23:38
全てが絵の中と言うか、夢の中と言うか。。。
行きたい気持ちがむくむくしてきちゃいます。
ゴロ寝、たまらん!
Commented by yama-oson at 2012-10-05 02:16 x
>GMさん
ありがとうございます!
このあたりになると、少しだけ山の中を歩く生活に慣れてきたように思えます。
みんなも余裕が出てきて、より楽しんでいたかもしれないですね。

>タケミチさん
ごろ寝…最高でした!あまりに早く寝落ちしたのが悔しいほどです。
この日は満月だったのでけっこう明るく、首を持ち上げれば月に照らされた
森や山が一望できました。…ちょっと「クマ、来ないよね?」と
心配はしましたが(笑)。2013年、夏、是非!
Commented by YAMA at 2012-10-06 12:19 x
やはりレッドメドウからトゥオルミは最高のルートですね。僕らはヨセミテ~トゥオルミだったのでこれからってところで終わってしまいました。どの景色も抜群ですね。水がたくさんあって羨ましいです。
Commented by yama-oson at 2012-10-08 11:01 x
ヨセミテ〜はスタート感ありますよね!パーミットが取りにくいのが難点でしょうか。景色は最高でした!
水は豊富ではなかったですか?僕らが歩いたルートは川に沿って、という場面が多くて水にまったく困りませんでした。
それより何より、赤ちゃん連れているのが本当にすごいです!
<< JMT (ハイク4日目最終日) JMT (ハイク2日目) >>