新穂高〜八ヶ岳(3日目)
a0207672_12123267.jpg
2012年7月14〜16日、新穂高温泉から八ヶ岳のあたりを歩いてきました。
当初の目的地は双六岳だったのですが天気に合わせて八ヶ岳に変更。
赤岳鉱泉にテントを張った翌日、晴天の中硫黄岳・横岳を登る予定です。



【登山ルート】
1日目:新穂高温泉(前泊) → ロープウェイ(往復) → 新穂高温泉 → わさび平小屋(設営)
2日目:わさび平小屋(撤収) → 新穂高温泉駐車場 → 美濃戸口 → 赤岳鉱泉(設営)
3日目:赤岳鉱泉(撤収) → 硫黄岳 → 横岳 → 行者小屋 → 美濃戸口


a0207672_1212399.jpg
3:00起床。硫黄岳から日の出を拝むために早めに起床しました。
まだ暗い中を歩くことになるので、僕のヘッ電(ペツル eライト)で大丈夫かな?
と少し不安でしたが、朝の4時くらいともなるとちょっとづつ明るくなってきました。
朝食を食べてテントを撤収して、4:00頃出発です。


a0207672_1212464.jpg
赤岳鉱泉から赤岩の頭までなかなか急でした。ゆっくりと高度を上げます。
雨は降っていないものの、なんだかガスに囲まれているような…。本当に晴れるのかしら?


a0207672_12125684.jpg
赤岩の頭あたり。冷たいガスが常に当たっていて霧雨みたいな様相に。
最初はスコーミッシュフーディーで誤魔化していましたが森林限界後はeVentを着ました。
完全にガスの中…。視界は10mほどしかききません。晴天のはずでは…。


a0207672_1213749.jpg
そんな時は足元のお花にも目がいきます。綺麗だな〜。


a0207672_1213202.jpg
硫黄岳を目指して登ります。真っ白〜!
しかも真っ白なだけでなく風が尋常じゃなく強いです。ギリギリ立っていられるぐらい。
手が冷たくてかじかんでくるほどです。


a0207672_12133218.jpg
5:50、カメラのレンズがモヤってしまいましたが、硫黄岳山頂。
本当は日の出を楽しむはずでしたが、もちろん無理です。
山頂はさらに風が強くて台風のようです。長居は無用と先を急ぎます。


a0207672_12133927.jpg
硫黄岳山荘にて大休止。コーヒーと紅茶を注文して天候が快復することを祈ります。
実際、山小屋に置いてあったPCには、一日晴れの予報が出ています。
40分ぐらい休憩をかねて様子を見ていましたが天候は快復せず。
7:10、気をつけながら先へ進むことに。


a0207672_12135077.jpg
雨は降っていないものの強風とガスが憎い!
ただ、太陽は出てきてるので寒さがマシになってきました。


a0207672_1214297.jpg
クサリやハシゴなども越えまして…。


a0207672_12141457.jpg
7:50、横岳山頂。やはり何も見えず。
となればあとは下るだけ〜。まぁ、帰りの温泉を楽しみましょ〜ってなもんです。


a0207672_12142415.jpg
お花も綺麗だしね〜。あ〜綺麗!(ヤケクソ)


a0207672_12143352.jpg
三叉峰通過。


a0207672_12144370.jpg
9:00、地蔵尾根への分岐、地蔵の頭。ここから行者小屋を目指して下ります。


a0207672_12145351.jpg
a0207672_121503.jpg
こんなガスって寒い尾根に用はない!とばかりにガンガン下っているとあれれ?
ガスが薄くなってきて、しまいにはガス地帯を抜けました。ガスの境界線が見えます。
こんなにハッキリと境界線があるものなんですね。ガス(雲?)の下は晴れていますね。
急に暑くなってきたのでレインジャケットなどを脱ぎます。


a0207672_1215820.jpg
10:00、行者小屋に着。おでんを注文します。
僕は普段おでんはあまり好きでないのですが、行者小屋のはめちゃくちゃ美味かった!
妻に「だから言ったじゃん」と言われながらも箸が止まりません。
うん、美味い美味い!と食べていると、周りの人が空を見上げて歓声を上げています。


a0207672_12152254.jpg
赤岳方面のガスがすーっと晴れていくではありませんか。
みんなのテンションもそれに合わせて上がっていくようです。
山登りというのはこんなことの繰り返しとわかっていても悔しい!


a0207672_12153475.jpg
おでんも食べたし下山〜!行者小屋から美濃戸口への登山道は
コケが綺麗でけっこう好きな道なのでサクサクと下山できました。


a0207672_12154565.jpg
12:00、美濃戸山荘へ到着。無事に下山できました。
そのまま流れるように山荘でアイスクリームを買って食べながら駐車場に向かいました。

今回の山旅はなんともトリッキーなものになって、旅をしているな〜という感じでした。
そして山の天気の不安定さを改めて思い知ることになりました。
こういう不安定な時期はあまり天気を気にしても意味がないのかもしれません。
…もしくは、天気図をしっかり読めるようになればこんなことにはならないのかな?
そして八ヶ岳はやっぱり最高です!


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
良かったら左のボタンをクリックしてください。



by yama-oson | 2012-07-16 20:10 | 山行 (八ヶ岳) | Comments(2)
Commented by fukuzo39 at 2012-08-07 10:49
新穂高〜八ヶ岳 お疲れ様でした。
天気が悪いのは仕方ないと思ってもやっぱり悔しいですよね。
小屋のおでん、本当においしそう。
Commented by yama-oson at 2012-08-07 11:58 x
悔しいですね〜。あの時期から打って変わって
最近はずっと晴れ間ばかりですよね。嬉しいです。
小屋のおでんは本当に最高でした(歩いた後というのも大きいです)!
もし行く機会がありましたら是非!
<< 日光白根山(装備編) 新穂高〜八ヶ岳(2日目) >>