燕岳・常念岳(2日目)
a0207672_23553873.jpg
2011年9月17〜9月19日、2泊3日で燕岳・常念岳に登ってきました。
当初の予定、1泊2日の行程では2日目の今日が下山の日。
しかし、燕岳から眺める綺麗な朝焼けを目にした僕らは…。



【登山ルート】
1日目:しゃくなげ荘 → (バス) → 中房温泉 → 合戦小屋 → 燕山荘(設営)
2日目:燕山荘 → 燕岳 → (撤収) → 大天荘 → 常念小屋(設営) → 常念岳 → 常念小屋
3日目:常念小屋(撤収) → 烏帽子沢 → 一ノ沢 → (タクシー) → しゃくなげ荘


a0207672_23554090.jpg
日の出を燕岳で見るために予定通り4時30分に起床。すぐに朝食をとります。
テン場から燕岳までは往復で約1時間程度なので、
ほんのりと明るくなってきた登山道を空身で燕岳へ向かいます。


a0207672_23554370.jpg
途中の開けたところで数人が立ち止まって撮影をしています。
頂上はかなりの混雑が予想されたのでそこで日の出を見ることに。
雲海の向こう側がオレンジ色に染まってきています。


a0207672_23554713.jpg
とても美しい日の出でした。
僕は朝焼けが大好きです。街でも朝焼けを見る機会があるたびに心を震わされます。
「これから始まる」という気配というか力強さみたいなものが良いのでしょうか?
山での朝焼けはさらに美しいので、もう言葉はありません。


a0207672_23555068.jpg
頂上も少し空いたと思うので、頂上を目指します。
あっという間に頂上。それでも混んでたので、一応印だけを写真に撮りました。


a0207672_23555382.jpg
頂上からは360℃見渡せるのですが、立山のほうは格別に美しかったです。


a0207672_23555697.jpg
テン場へ戻る途中「はっ!」と気づきました。これがかの有名なイルカ岩…。
確かに完成度が高い!思わず後ろに見える槍ヶ岳と一緒に撮影。


a0207672_23555766.jpg
テン場に戻ると目の前は光り輝く雲海。最高すぎる…。
テントのジッパーを全開にしてずっと眺めていたいものですが、今日は下山の日…。
雲ひとつない青空の下テントを撤収しているとなんとも勿体無い気分になり、
「今日は下山するだけで時間もあるから、少し先まで歩いてみようか?」ということに。


a0207672_235602.jpg
8:00、燕山荘を出発。1時間ほど歩いたら帰ろう、という予定でしたが
「このまま先へ進んで常念小屋でもう1泊しちゃおうか!」と妻が言います。
最初は「いや、仕事があるから無理だよ」と断っていましたが、あまりの晴天と絶景に
頭の中で再計算してみることに。この締め切りがあって逆算してこの時間までに…。
計算の結果、常念岳を朝一で出発して昼過ぎに帰れるならばなんとか間に合うことが判明。

しかし、次の問題が。食事を1泊2日分しか持ってきていないのです。
「小屋で食べればいいじゃん」と思われるかもしれませんが、その元手(お金)も
「1泊2日ならこれくらいで足りるよね」なんて持ってきたので、それほど余裕はなく。
これも二人で計算すると贅沢をせずカップヌードルなどですませば足りることが判明。

これで問題は解決されました…ということで、もう1泊することに決定!
このまま常念小屋をめざすことになりました。やったー!
こんなに晴天の表銀座を歩けることってなかなかないですからね。
少し無理をしてでもどうしても歩きたかったのです。


a0207672_2356376.jpg
しばらくいくと何やら視線を感じました。周りを見渡すとなんと岩の上にサル!
しかも数匹。おお〜と感動して歩こうと思ったら道の上にもサル。向こうの茂みにもサル。
総勢15匹以上はいそうなほどのサルの軍団です。子ザルもいます。
最初は珍しいものを見た!と感動していましたが、これだけ数が多いとちょっと恐怖。


a0207672_0433129.jpg
それにしても本当に歩きやすい道。スニーカーでもいけちゃいそうです。


a0207672_216284.jpg
大天井岳への急な登りの手前で来た道を振り返ります。
この写真で言うと奥に見える煙のように雲が湧いてるところからずっと歩いてきたのです。
歩いてきた道がバッチリわかるってなんだか嬉しい!目に見えるのっていいですよね。


a0207672_2356781.jpg
10:40、大天荘に到着。急な登り坂でしたが綺麗に整えられてて登りやすかったです。


a0207672_0432798.jpg
小屋に入り早めの昼食。僕はかき揚げそばで妻はカレーライス。
この小屋の食堂も若い人ばかりでした。恐るべし表銀座!


a0207672_2356948.jpg
11:50、腹ごしらもしたので再出発。あまりの晴天で日光が痛いほど。
でも先のほうには自分がこれから進む道が見えています。
なだらかで広々とした尾根を歩く…一番好きな状況かもしれません。


a0207672_23561143.jpg
穂高(左の残雪がある辺り)や槍ヶ岳がバッチリ、思いっきり見えています。
槍ヶ岳はどこから見ても誰が見てもわかるのだから、すごいですよね〜。
涸沢って端からみるとあんな感じなんだ…ちょっと笑えるんですけど!
なんか包み込まれすぎでないでしょうか?変なの〜。


a0207672_23561159.jpg
これは東天井岳を越えたあたり。
ここからはさらになだらかさ・広大さが増してさらに良い感じ!
歩いているとあまりの気持ちよさに眠くなりそうなほど(それはどーなの)。
とにかく燕山荘から常念小屋までのコース、最高に気持ちよくてオススメです。


a0207672_23562517.jpg
すると常念小屋が見えてみました。
当たり前といえば当たり前かもしれないけど、山小屋って多くが谷に立ってるんですね。


a0207672_2356411.jpg
14:00、常念小屋のテン場に到着。かなり空いており貼りたい放題。
しかし、広いテン場も探してみると平らな場所がけっこう少ないです。
昨日オジサン達の下世話な話声で苦い思いをしたので今回は少し離れた場所に張りました。
ここは槍ヶ岳を目の前にしてなかなか良い場所です。


a0207672_23564971.jpg
水筒と上着、ストックだけ持って常念岳へアタック。
ここまでで8時間くらい行動していたので、往復2時間の常念岳は正直迷いましたが
せっかくの百名山なので登ることに。登る前からけっこうヘトヘト。
そして、手で水筒を持っていくのは激しく邪魔くさい。


a0207672_23565666.jpg
予定通り1時間ほどで常念岳登頂。
頂上にあったこの祠は「出会いがどうのこうの」と書いてあって、なんだか変な感じでした。
疲れが溜まってきているので、感動もそこそこに下山開始。


a0207672_2357270.jpg
予定通り小屋でカップラーメン(お湯込み400円)とパンを買って夕食としました。
ここで若い人の数が少し減ってたなぁ。なんでだろう。たぶん"名前"ですな。
「ツバクロって名前が可愛いよね」って理由で登ってる女子は多いと思うんです。

そう、この常念岳の受付の女の子、マスコットキャラクターのようで可愛かったです。
夕食時、忙しそうにしてるところへ年配の女性が「このパン、どれが美味しいの?」
と端から見てた僕が「質問のタイミングが…」と思うほどの投げかけをしました。
しかし、彼女は「このパンはですね…」と笑顔で丁寧に説明してあげてるのです。
質問した女性は「じゃ、これを買おうかな」と満足そうでした。すごい。
後の登る白馬岳のとある山小屋では忙しさからかイライラしてる従業員ばかりだったのに。


a0207672_23571191.jpg
日没後、普段ならテントに入って寝る準備をするのですが、満天の星空だったので
思わず防寒着を着込んで30分ほど外で星空を観察していました。すごく綺麗でした。

今日は予定外の宿泊になりましたが、素晴らしい稜線歩きができたので大満足でした。
明日は日の出と同時ぐらいにすべて準備して出発の予定。名残惜しいです。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
良かったら左のボタンをクリックしてください。



by yama-oson | 2011-09-18 20:54 | 山行 (北アルプス) | Comments(0)
<< 燕岳・常念岳(3日目) 燕岳・常念岳(1日目) >>